ブログトップ

今日から始めるゲーム統計学

tsubame30.exblog.jp

かつては麻雀およびエロゲのデータを統計解析して遊んでました。今では日本酒に夢中です。

【エロゲ雑談】POVカスタムメニューで新しい"視点"を

ErogameScapeには、作品評価の際に「POV」という作品の傾向や性質を示すタグのようなものをつけることができます。そのPOVがたくさん登録されていれば、その傾向に特化したゲームを集めることができます。

このPOVに関して、条件やパラメーターを変えた集計を行い出力してくれる機能が、実はErogameScapeの仕様として備わっています。

これ、僕は人から言われるまで気付きませんでした。
もしかしたら他にも知らない方もいらっしゃるかもと思い、今回解析にも利用したカスタムメニューの紹介をしてみようと思います。





d0279358_22174553.png

POVのページの画像の赤矢印の部分です。これを開くと、POVカスタムメニューが開きます。

デフォルトですと「POV入力件数」が集計され序列ができています。
しかし、「入力件数」ですと、データ数(POVを入力しうる人数)の大きさの影響が強すぎて、POVの傾向が反映されない危惧があります。

しかしカスタムメニューを使えば、入力件数から「得点入力者」「POV入力者」などの値で任意に割り算を行うことができます。

d0279358_2222463.png

(主人公が素敵POV、入力件数からPOV入力者で割り算を行った値↑
ゲームのラインナップが明確に変化しています


これにより、POVを入力した人/POVを入力する習慣のある人、という言うなら「POV入力割合」というものを出力することができます。
これによって、データ数の影響を緩和し、ゲームの傾向をより正確に見積もることができます。


また、ABCのランクの重みを変えたり、POVの入力数での選抜をしたり、発売時期での絞り込みもできます。
このあたりは、公式の解説を読みながら自分で適当に値を入れてみた方がわかりやすいと思います。

ちなみに2012年1月1日以降発売のゲームに限定して「主人公が素敵POVの入力割合」を出力するとこうなります。

d0279358_22233935.png


(露骨な「かみのゆ」と「グリムガーデン」のステマ)



と、こんな感じに、自身の興味のある条件を与えて集計・出力してくれる機能があります。
自分に合うPOVに対して使ってみると、データ数に埋もれた見知らぬゲームに出合えるかもしれません。
特にエロシーンのシチュエーション絡みのPOVでやると効果てきめんですよ。

POVはPoint Of View(視点)の頭文字をとったものです。
この記事とPOVが、新しい視点を発掘するきっかけになれば幸いです。
[PR]
by tsubame30 | 2013-09-24 22:17 | エロゲ雑談 | Comments(0)