ブログトップ

今日から始めるゲーム統計学

tsubame30.exblog.jp

かつては麻雀およびエロゲのデータを統計解析して遊んでました。今では日本酒に夢中です。

【エロゲ解析】エロゲ発売本数の年代別推移

10月18日は統計の日でした。
タッチの差で日付が変わってしまいましたが、細々とはいえエロゲ統計なんてものをやってる身として、
せっかくなのでなんとか更新してみようと思います。

とはいえ、リアルがちょっと忙しいので複雑なことはできないので、
今回はシンプルにエロゲの本数を発表年代別に数えてみました。

実は以前、おかけ程度にやっているのですが、点数分布をみるためのSQLで得られたデータを
使いまわして得られたものなので、正確ではない部分があります。
ですので、今回改めてちゃんとした値を出してみることにしました。



-----◆SQL◆-----

ttt.sellday, g.okazu FROM toukei_temp_table AS ttt, gamelist AS g WHERE ttt.erogame='t' AND ttt.sellday>='1980-01-01' AND ttt.sellday<'2014-01-01' AND g.id=ttt.game_id ORDER BY ttt.sellday

1980年~2013年(つまりは発売済みの全区間)の18禁ゲーム(同人含む)を全て出力し、Ruby使って数えさせました。
データ数0のゲームも含みます。非18禁は除外しています。
せっかくなので、抜きゲー、非抜きゲーのカテゴリもアウトプットして集計しました。
なお、2013/10/18に出力したものです。



-----◆結果◆-----

■年代別ゲーム数の推移

d0279358_08944.png

d0279358_082123.png

結果はご覧のようになりました。
極大点・極小点となっている2000年、2008年、2010年あたりが特徴的です。

1997年から凄まじい勢いで増えています。
2003年以後ゆるやかに単調増加を続け、
2008年に一度ピークを迎え、2010年まで減少しています。
しかし、2010年以後はまた増加してきて現在、という形です。
エロゲ業界の衰退うんぬんよりはむしろ景気がどうこうとかなんでしょうかね?

本数自体は2008年が最大であり、本数自体は近年頭打ち気味になっているようです。
エロゲのボリュームインフレーションが関係してたりするのでしょうか?

今回、抜きゲーと非抜きゲーの内訳も出してみました。
いつにこの抜きor非抜きの情報を入力できるようになったかはわかりませんが、
当然ながら、古いゲームは入力が追いついておらず、NULLの割合が非常に多いです。
ですので、抜きゲーが増えた減っただとか、そういう時代の変遷のような話は現状できなさそうです。

ただ、直近3年くらいはかなり登録がされており、NULLは非常に少なくなっています。
直近3年間は、概ね抜き75%非抜き25%くらいの割合でリリースされているようです。


--------◆総括◆--------

まとめると

・エロゲリリース本数は黎明期以後単調増加していたが、2008年を境に一度減少した。
・2011年以後は今のところ増加傾向に戻っている。
・直近3年間は、抜き75%非抜き25%くらいの割合でリリースされている



今回は、個人的に考察(妄想)が進まないデータでした。
業界内部や経済に詳しい人の意見を聞いてみたいところですね。
[PR]
by tsubame30 | 2013-10-19 00:13 | エロゲ解析 | Comments(0)