ブログトップ

今日から始めるゲーム統計学

tsubame30.exblog.jp

かつては麻雀およびエロゲのデータを統計解析して遊んでました。今では日本酒に夢中です。

カテゴリ:麻雀解析( 1 )

天鳳やっていて一番の関心は当然のことながら「ラスを回避すること」
ひいては「オーラス2着以上をキープすること」です。
なんとかオーラスは連帯につけて高みの見物できればいいのですが、毎回そううまくはいきません。

暫定ラスになるともう必死あるいは絶望です。
(オーラスラス目で6000差。1300・2600条件か……
いや、どうやってこの手で1300・2600作れっつーんだよ
そもそもアガれんのかよこれバカじゃねーのつのしね! (#゚Д゚))


かといって、3着目も安心してはいられません。
(オーラス3着目だけど2400差。
暫定3着だけどテンパイノーテンで返るからオリれないお……(´;ω;`)
ラス目に手が入ったら終わってまう……。でもアシストして3900事故っても死ぬお怖いお(´;ω;`))


だいたいこんな感じで逆連帯はどちらも苦しむことになります。

ここで重要になるのはオーラスでの点差です。
同じラスでもマンツモ不可だともう意気消沈ですが、
2400差だと3900和了、2000ツモ、リー棒付き2000和了、流局収支など
ラス回避パターンが増えてまだやる気も出るというものです。


オーラスラス目は、どのくらい点差だと助かるのか。
逆にオーラス3着目は、どのくらいの点差だと寝首をかかれるのか。
「点差ごと」にオーラス時の「暫定ラス」「暫定3着」のラス回避率を調べてみました。

More
[PR]
by tsubame30 | 2012-12-06 20:00 | 麻雀解析 | Comments(0)