ブログトップ

今日から始めるゲーム統計学

tsubame30.exblog.jp

かつては麻雀およびエロゲのデータを統計解析して遊んでました。今では日本酒に夢中です。

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エロゲー批評空間民のおおよそ一番の関心ごとは、ゲーム評価の中央値かと思います。
今回は、重回帰分析という手法を用いて、中央値の値への影響度が強い要素を探してみました。

以前、「抜きゲーは点数が低い?」 という旨の記事を書きました。
この記事の中では抜きゲーの方が点数が低いという結論を出してしまいまっています。
しかし、該当記事のコメントで「低価格であることの影響が強いのでは?」という指摘を頂いています。

層別解析(この場合、抜きゲーと非抜きゲーでの比較)では、分けた層以外の要素の影響がフェアでない可能性があります。
中央値に影響するのは抜きかどうかではなく値段であり、抜きの方が値段が低いから、結果として抜きは中央値が低くなってるのではないのか、という反論を避けることができません。
こういう影響があるために、層別解析では中央値に影響している要素はそう簡単にはわかりません。
加えて、過去の抜きゲーの中央値検証の記事では検定作業を省くと言う若気の至りをかましており、統計記事として不十分です。「たまたまそうなっただけなんじゃないの?」という指摘に対する反論ができません。

この「何の要素がどの程度が影響しているか」「今回の結果がどのくらいたまたまであるか」を簡単に調べることができる画期的な手法が重回帰分析です。

そこで、中央値に影響しそうな要素
「発売時期(現在日からの日数差)」
「プレイ時間中央値」
「同人か商業か」
「抜きゲーか非抜きゲーか」
「和姦か陵辱か」
「価格」
について重回帰分析を行い、中央値への影響を調べました。





More
[PR]
by tsubame30 | 2014-04-30 20:57 | エロゲ解析 | Comments(5)