ブログトップ

今日から始めるゲーム統計学

tsubame30.exblog.jp

かつては麻雀およびエロゲのデータを統計解析して遊んでました。今では日本酒に夢中です。

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

解析記事はなかなかどうして時間がかかるので、
たまにこういう雑談記事も挟んでいくスタイルをやったりやらなかったりしようと思います。

今日のネタは、先日行われた天鳳チーム対抗戦の予選についてです。

予選はおなじみ連続5戦の収支で競うルールで行われました。
普段は段位戦という名のラス回避順位戦しか打たず、
しかも、新年はほとんど天鳳を打てず、多少心配ながら予選に臨んだのですが……

d0279358_11563064.png


+9.0、+50.5、+46.9、+47.1、+55.0 = +208.5!!
無限の可能性えええええ!!!!!!


チーム「ぬる特ファイブ」は、無事に予選突破できました!
これからもどうぞ応援してあげてください!




d0279358_11573678.jpg

段位戦しか打たないなりに収支戦にアジャストした打ち方を心がけました。
例えばこんな局面。

普段の段位戦だと、こういうテンパイはほとんど外さないのですが、
「素点は大事だ!」の意識のもと、テンパイ崩してホンイツ移行しました。

特に今回は、巡目も浅く、役役あって比較的容易にミニマム1300からマックス8000の打点上昇が見込めます。
打ってる時は『素点意識』で頭がいっぱいだったのですが、
改めて場面を見ると段位戦でもはずしていいのかなーと思いました。





d0279358_11581838.jpg

すごく悩んだこの局面。
南3局、超微差の2着目。
6400の3s単騎をダマっていたら、トビ寸のラス目(子)からリーチが入った状態。

直れば飛ばしトップ、そうでなかったとしてもアガればかなりトップ当確です。
しかし、4mを押した挙句3s単騎は、リーチが入ってしまった以上心もとなさすぎるというのはあります。
これは段位戦でも収支戦でも判断が微妙なところだと思います。いまだによくわかりません。

ただこの時頭でいっぱいだったのは、
「素点は大事だ!」「ここで8000振ってトップ率減らした挙句スコア-8はみすみす損だ!」
ということでした。
歯を食いしばって東トイツ落としてオリました。
この局は流局に終わりました。

最終的には100点差の2着のままオーラスに突入し、
トップ目が3確手に放銃しタナボタトップとなりました。
±2000点差は大事理論が生きましたね!





実は収支戦は「順位戦より考えることが少なくなる」のではないかなぁと思ってます。
正確には、「セオリーを壊す判断をしなければならないタイミングが少ない」と言うべきでしょうか

順位戦だと、平場でなくなれば通常の押し引き判断を使わない局面が出てきます。
アシスト、差し込み、極端なシボリ、配牌オリ、2シャンテンからのフルゼンツなどなど。
順位のために、点数を獲得する方法論のその一切が崩壊する瞬間があります。

一方収支戦だと、ラス目からでも、少ないなりに素点の維持のためにオーラスベタオリがあり得ます。
オーラス親のダントツトップでも、配牌オリではなくストレートに打点を叩きに行くようになります。
着順の寄与が大きい場面であっても、平場のそれに近い判断をしても大きく間違えないところがあるので、比較的打ってて楽だったりします。


個人的には、着順のために全てがひっくり返るあの瞬間が好きみたいなところがあるので、
順位戦の方が好みではあります。
ただ、今回久しぶりに収支戦を打って思ったのは、ここのところアシスト等に頼りすぎて、
素直な打ち方をないがしろにしすぎてた節があったかもかなぁと。

段位戦であったとしても、
打点上昇のためにテンパイを外したり、
オリれる愚形テンパイからはオリを選んでみたり
素点に素直な打ち方を取り入れてみるのもいいかもしれないなぁ
などと思いました。



続く本戦は1週間後です。
副将で当たるプレイヤーさんは、皆さん揃って安定段7.0を超えており、
サバ読んでも安定段6.0に届かない私は泡を吹いていますが、
ぬる特の無限の可能性魅せていきたいですね。
[PR]
# by tsubame30 | 2013-01-06 12:09 | 麻雀雑談 | Comments(3)
2ちゃんねるエロゲネタ&業界板では、毎年1月に『2chベストエロゲー投票』というものが行われています。

投票という形式は、点数で評価する場合よりも、個人の好き嫌いが大きく出るのではないかと思ってます。
手堅い80より尖った70が評価されやすくなる形式、とでも言えばいいのでしょうか。
「手堅さ」よりも「確変力(造語)」が試される、そのために小粒が浮かびやすい環境。
僕はそんな投票形式が好きで、この『ベストエロゲ投票』毎年楽しみにしています。

今回は、批評空間のデータを用いて、投票という形式で今年のゲームを評価した場合どうなるか?
ということをやってみました。

More
[PR]
# by tsubame30 | 2012-12-16 22:44 | エロゲ解析 | Comments(0)
ゲームの感想や点数は、本人の趣向、値段、プレイ時期、
贔屓にしているクリエイターもろもろの影響がもろにでるデータです。
要するに非常にばらつき、ホイっと異常値が出ます。
そのため、異常値の影響を受けやすい「平均値」はあまり信頼されず、
ErogameScapeでは「中央値」がゲームの評価を代表する値として多くの場合使用されています。

そんなわけで中央値を眺めるのですが、あまり知られていないゲームだと、
データ数が非常に少ないということがままあります。
この中央値、ホントに信頼できのかなぁと思った経験ありませんか?。

そんな訳で、今回は「データ数に対して中央値がどのくらい信頼できるか」を、
プログラムを用いたシミュレーションで検証してみました。
※今回は「統計解析」ではなく、「シミュレーション」なのですが、めんどいのでカテゴリはそのままです。

毎回毎回記事が長いので今回から追記を採用してみることにします。

More
[PR]
# by tsubame30 | 2012-12-09 20:35 | エロゲ解析 | Comments(6)
天鳳やっていて一番の関心は当然のことながら「ラスを回避すること」
ひいては「オーラス2着以上をキープすること」です。
なんとかオーラスは連帯につけて高みの見物できればいいのですが、毎回そううまくはいきません。

暫定ラスになるともう必死あるいは絶望です。
(オーラスラス目で6000差。1300・2600条件か……
いや、どうやってこの手で1300・2600作れっつーんだよ
そもそもアガれんのかよこれバカじゃねーのつのしね! (#゚Д゚))


かといって、3着目も安心してはいられません。
(オーラス3着目だけど2400差。
暫定3着だけどテンパイノーテンで返るからオリれないお……(´;ω;`)
ラス目に手が入ったら終わってまう……。でもアシストして3900事故っても死ぬお怖いお(´;ω;`))


だいたいこんな感じで逆連帯はどちらも苦しむことになります。

ここで重要になるのはオーラスでの点差です。
同じラスでもマンツモ不可だともう意気消沈ですが、
2400差だと3900和了、2000ツモ、リー棒付き2000和了、流局収支など
ラス回避パターンが増えてまだやる気も出るというものです。


オーラスラス目は、どのくらい点差だと助かるのか。
逆にオーラス3着目は、どのくらいの点差だと寝首をかかれるのか。
「点差ごと」にオーラス時の「暫定ラス」「暫定3着」のラス回避率を調べてみました。

More
[PR]
# by tsubame30 | 2012-12-06 20:00 | 麻雀解析 | Comments(0)
「プリズム◇リコレクション」が延期して2012年\(^o^)/オワタ
という風潮になっている今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

各地で「今年は不作だ~~」と嘆く声をよく耳にします。
個人的には、7月に出た「終わる世界とバースデイ」が大当たりしたので、
「今年はダメだな」という声を聞くとちょっと悔しくなってしまいます。

そこで僕は思いました。
みんな豊作不作言うけど、個人のさじ加減なんじゃないか。
懐古主義の延長なんじゃないかと。

そんな疑問を解決すべく、ゲームの発売年別の得点分布に
本当にそこまでの差が出るのかどうかを調べてみることにしました。

More
[PR]
# by tsubame30 | 2012-12-02 22:00 | エロゲ解析 | Comments(6)